Amazon、ロボット掃除機のルンバを開発しているiRobotを17億ドル(約2,230億円)で買収

Amazonが、ロボット掃除機のリンバを開発しているiRobotを17億ドル(約2,230億円)で買収しましす。iRobot の CEOであるColin Angle氏は、Amazon は同社にぴったりだったと述べています。「Amazon は、人々が自宅でより多くのことを行えるようにする思慮深いイノベーションを構築するという私たちの情熱を共有しており、私たちのチームが私たちの使命を継続するのにこれ以上の場所は思いつきません.今後数年間で顧客のために一緒に構築できます」と彼は述べました。取引が完了すると、彼はCEOにとどまります。

Amazon Devicesの SVP である Dave Limp氏は、AmazonはiRobot が人々の生活を楽にするためにどれだけのことをしてきたかを認識していると語りました。

「長年にわたり、iRobot チームは、家庭内の一般的な障害物を回避しながら顧客が望む時間と場所を掃除することから、収集ビンを自動的に空にすることまで、信じられないほど実用的で独創的な製品で人々が掃除する方法を再発明する能力を証明してきました。」

過去 5 年間で、Amazon はセキュリティ カメラの会社である Blink Homeを非公開の金額で買収し、カメラドアベルの会社であるRingを約 10 億ドルで買収しました。これらの買収により、同社はセキュリティ デバイスをスマートホームのエコシステムに追加することができました。

Amazon は、照明からセキュリティ、テレビ、サーモスタットまで、あらゆるものを音声で制御できる Alexa スマート ホーム テクノロジーにより、スマート ホーム スペースのリーダーであり続けています。

iRobotとAmazon は、2021 年にルンバ ジェット ロボットとブラーバ ジェット ロボットを Alexaと互換性のあるものにするために提携したとき、すでに関係を確立していました。この提携により、顧客は音声コマンドを使用してロボットに掃除の開始または停止を指示しホーム ベースに戻ることができました。 .

一方、iRobot は、2021会計年度の第4四半期にサプライ チェーンの制約により、4億 5,540 万ドルの収益と3,150 万ドルの純損失を報告しました。同社はまた、2021 年の最終四半期に 4,000万台目のロボットを販売したと述べました。

(via ZDNet

Last Updated on 2022年8月6日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。