Intel、202年までにWi-Fi 7をクライアントプラットフォームに導入する予定

ノートブックプラットフォームの世界第1位のサプライヤーであるIntelは、このリードを維持するために、できるだけ早く最新のテクノロジを採用する必要があります。さらに、ラップトップの主なセールスポイントの1つは高速 Wi-Fi 接続であるため、CPUの巨人にとって最新の技術バージョンを採用することは非常に重要です。

Intelのワイヤレス担当バイスプレジデントであるEric McLaughlin氏は、「現在、『Wi-Fi Alliance』認証を取得するために、IntelWi-Fi802.11beを開発しており、2024年までにラップトップなどのPC製品に搭載される予定です」と述べています。

Wi-Fi 7 (IEEE 802.11be とも呼ばれる) は、40,000 Mbit/s (40 Gbit/s) の最大生集約ビットレートを提供するため、ほとんどのユーザーにとって有線イーサネット接続は不要になります。ただし、ほとんどの場合、クライアント デバイスはかなり低速な接続をサポートします。

高いビットレートを実現するには、Wi-Fi 7クライアントとアクセスポイントで2.40 GHz、5 GHz、6 GHzの3つの帯域を使用し、チャネル幅を320 MHzに増やし、4096-QAM を追加する必要があります。一方、Wi-Fi 7はその前身が導入したテクノロジーに依存するため、Wi-Fi 6とWi-Fi 6Eでサポートされる MU-MIMO (マルチユーザー多入力多出力) および OFDMA (直交周波数分割多元アクセス) 機能の必須サポートなどがあります。

(画像ソース: Intel)

Wi-Fi 6/6E よりも大幅に改善された Wi-Fi 7 のパフォーマンスを考えると、Intel は、Intel の WiGig (ワイヤレス ギガビット) テクノロジを使用する拡張現実や仮想現実のヘッドセットなど、帯域幅を大量に消費するアプリケーションにこのテクノロジが採用されることを期待しています。

米国電気電子技術者協会 (IEEE) が IEEE 802.11be 仕様を正式に採用するのは 2025 年になると予想されているため、その特性の一部が変更される可能性があります。しかし興味深いことに、インテルは熱意を持ってそれを見ており、2024年に商用化されるまでに、今後のWi-Fi 7 テクノロジ (または独自の Wi-Fi 7 クライアント チップ) のパフォーマンスが向上することを期待しています。

これまでのところ、Broadcom と Qualcomm の両方が、アクセス ポイントとクライアント デバイス用のWi-Fi 7ドラフト準拠チップをすでに発表しています。

(via Tom’s Hardware

Last Updated on 2022年8月4日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。