TikTok、Musicストリーミング市場に参入し、SpotifyとApple Musicに挑戦する可能性大!

音楽と TikTok とがいかにコラボしているかを考えると、同社が独自の音楽ストリーミング アプリを立ち上げたとしても、それほど驚くべきことではないことです。Insiderが明らかにした特許出願は、TikTokがまさにそれに取り組んでいることを示唆しています.

TikTok の親会社である ByteDance は、5 月に「TikTok Music」の商標を米国特許商標庁に出願しました。申請書によると、このサービスにより、ユーザーは音楽を購入、再生、共有、ダウンロードできるようになります。また、ユーザーはプレイリストを作成、共有、推奨したり、音楽にコメントしたり、オーディオやビデオをライブストリーミングしたりできます。ByteDance は、昨年 11 月にオーストラリアで「TikTok Music」の商標を申請済みです。

ByteDance はすでに音楽ストリーミングの経験があります。2020 年、ByteDanceはインド、ブラジル、インドネシアで音楽ストリーミング アプリ Resso を立ち上げました。Ressoには、プレイリストの作成、ソーシャル メディアでの曲の共有、アプリのコミュニティとのやり取りなど、「TikTok Music」ファイリングで説明されているものと同じ機能がいくつかあります。

ByteDanceは TikTokを使用して、既存のユーザーを Ressoに呼び込みます。The Informationのレポートによると、ブラジルの TikTok アプリには、ユーザーを Resso にリダイレクトするボタンが付属しているため、ユーザーは興味のある曲のフルバージョンを聞くことができます。これは、ユーザーを ByteDanceエコシステム内に留めておくのに役立つ動きです。

The Informationはまた 、2021年11月の時点で、Ressoの月間ユーザー数がインド、ブラジル、インドネシアで4,000万人を超えていると報告しています。今年の初め、Insiderのレポートによると、2021 年1月から2022年1月までのインドだけで、 Ressoの月間アクティブ ユーザー数は304%増加しました。これに対して、Spotifyは同時期に同国で 38% 増加しました。

ByteDanceが Ressoフレームワークに基づく音楽ストリーミング アプリの開発を計画しているのか、それともまったく別のものを開発する予定なのかは不明です。TikTokがソーシャル メディア サイトの運用方法に大きな影響を与えたように、TikTokとの提携による音楽ストリーミング アプリが音楽ストリーミング業界を変え、サービスに適応を強いる可能性があります。

(via The Verge

Last Updated on 2022年8月1日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。