TSMC、アリゾナ州の5nm製造プロセスの「Fab 21」 の建設を完了


画像ソース:@Matt Schrader

TSMC は最近、 2021 年 3 月から建設している アリゾナ州フェニックス近くの「Fab 21」 の建設が完了しました。

ファブの建築が完成したので、TSMC ではさまざまな防振装置、配線、下水道、換気、空調などを取り付ける必要があります。すべての準備が整ったら、スキャナー、エッチング、堆積、レジスト除去、計測、検査ツールなど、さまざまなファブ機器をクリーンルームに装備し始めます。

TSMC の「Fab 21」は、2024 年初めに生産を開始する予定です。その初期の生産能力は、TSMC の N5 (5nm クラス) ノードで、月間 20,000 ウェーハ スタート(WSPM) です。

一方、ファウンドリーの 1,100 エーカーのサイトは、ファブの追加フェーズをホストすることができ、会社が生産するチップに十分な需要があれば、キャンパスの製造能力は約 100,000 ウェーハになります。現在のフェーズの費用は、100 億ドルから 120 億ドルと見積もられています。

(via tom’s Hardware

Last Updated on 2022年7月30日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。