【ライフスタイル】推し活女子の楽しみ

私の周りには、3人の推し活女子がいる。3人とも推し活を楽しんでいる感じだ。
この中で、特に仲の良い2人は、自分の好きなアイドルやお笑い芸人に入れ込んでいる。

H女子の推し活は、地下アイドルとお笑い。
私も渋谷での地下アイドルのライブに誘われたことがあるが、日程が合わずに行けなかった。
地下アイドルの中でも有名なPさんは、自分の家の中にある雑貨や自分の服を古着として販売するイベントをやったりしているが、推し活女子だけでなく、推し活男子も訪れて店舗の中は、にぎやかだった。

地下アイドルとファンの間で欠かせない交流は、握手以外にチェキ(インスタントカメラ)での記念撮影。1回に500円とか1000円の価格設定が行われていて、ファンは、何枚も地下アイドルと撮影を楽しむ。

それは、自分の記念ばかりではなくて、自分たちが彼女たちの地下アイドルの生活を支えるという優しい気持ちを持っているからだ。まさに近いアイドルと推し活をするファンたちは、家族のように親しく付き合っている。

だから、H女子は、なかよくなった地下アイドルがわざわざ弁当を作ってくれて、一緒に公園でお弁当を鍋ながら世間話をしたことがあると言っていた。
このようなことは、東京でしか考えられない。大阪ならば、地下アイドルというよりもお笑い芸人への推し活がメインとなるだろう。

かつての推し活といえば、おばちゃんたちが、杉良太郎とか氷川きよしを追って、全国のコンサート会場を追って回ることだったが、今ではおばちゃんたちの推し活もジャニーズ系の中でも少し落ち着いたグループに変化している。

なんで、推し活?

おじさんには、よくわからないだろうが、おばさんやお姉さんたちは、推し活を生きがいにして人生を楽しんでいる。自分が推しているスターやアイドルを通して、多くの友達を作り、その人たちとの食事や会話を楽しんでいる。

やはり、楽しみの最終地点は、人とのつながりを楽しむことなのだ。

M林檎

Last Updated on 2022年7月28日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。