Bloombergのガーマン氏が、今後のM1 Mac Pro、Mac mini、iMac Proのについて報告

Bloombergのマーク・ガーマン氏はインタビューの中で、今後数か月から数年にわたるAppleのMacラインナップ開発に関するいくつかのヒントを明らかにしています。さらに、AppleはM1チップを搭載したMac Proを「準備ができている」と述べましたが、最終的にはM2 Proになりそうです。

このインタビューはYouTuberのVadim Yuriev氏によって行われ、本日公開されました。彼らはまた、数ヶ月前にM1 Mac Proを準備していました。しかし、彼らはそれを廃棄してM2バージョンに切り替えます。

同社がM1 Mac Proの計画を破棄したことで、ガーマン氏は、このMacは最終的に年末に発表され、2023年後半にリリースされると考えていると述べています。

ガーマン氏は、 Power Onニュースレターの過去の版で、M2 UltraおよびM2 ExtremeのMac Proバージョンを期待するように言われたと述べました。彼はまた、Mac Proは「現在のデザインのより小さなバージョンになる予想している」と報告しました。

Mac Studioが非常に似ているため、AppleがエントリーレベルのMacを再設計することはないと考えています。

また、Mac miniの再設計はないだろうと述べ、Mac Studioの大きなMac miniのように見えると語りました。

(via 9 to 5 Mac

Last Updated on 2022年7月27日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。