【ビジネス】Microsoftでさえ人材流出が止められない、重くのしかかる理由


画像: Jean-Luc Ichard / Getty Images

Microsoftは、Surfaceが世界有数のコンピューター、ラップトップ、タブレット、またはそれが想定されているものになることがありないなどとは心配していません。Microsoftは、そうねるために十分な人材がいないのではないかと心配しています。
これは、いわゆる大規模な辞任についてのCOVIDによって引き起こされたいくつかの不平不満のためではありません。

Microsoftのブラッド・スミス社長がロイターに語ったように、今後Microsoftが、人材流出を防ぐために従業員に多額のお金を払わなければならないかもしれないという恐れです。
彼はMicrosoftで仕事をしたい人の数が減っているのではないかと心配しています。これは、企業が雇用して維持するために、人材の売り手市場で戦うことを意味します。

人材確保のための最も優れた方法の1つは、従業員に多額のお金を支払うことです。しかし、Microsoftを含めた多くの企業はむしろ、最大レベルの生産のために可能な最小レベルを従業員に支払うことを望んでいます。

しかし、これまで以上に多くの従業員がどこで働くか、そしてどれだけの量で働くかを選ぶことができるようになれば、問題は大きくなる可能性があります。
スミス社長は、労働人口において拡大する人材供給数は次第に少なくなっていると説明しましました。

現代の大人が子供を少なくすることに決めた理由はたくさんあります。いくつかは、企業がまともな十分な生活の質を提供することを犠牲にして、少し長い間莫大な利益を企業の懐に入れるために彼らの力を利用したという事実に関連しているかもしれません。

Microsoftは、従業員が本当に幸せになった理由を調査しました。結果は驚くべきものでした。有名なMicrosoftでさえも、キャリアを望んでいる人がほとんどいないことです。スミス氏自身が認めているように、今後、企業は従業員にますます支払う必要があるでしょう。有能なスタッフをめぐる獲得競争はますます激しくなるでしょう。

従業員に関しては、短期間で最終的に多額の収入を得て、数か月または数年の休暇を取ることができるのに、なぜどこでもキャリアを望んでいるのでしょうか。彼らにとってさらにエキサイティングなのは、彼らが望む企業で彼らが望む種類の仕事を選ぶことができれば、彼らは最終的に生産性を感じることができ、幸せを感じることができます。

なぜ人は、その企業にいるの企業にリスクを取るのでしょうか。嫌いなボスのために働くのはなぜでしょうか。心配することなく他のことができるのに、なぜ一生をかけて働くのでしょうか。
これは企業にとって真の難問です。

そしてもちろん、多くの人がロボットに多​​額の投資をしているのもそのためです。

(via ZDNet

日本の企業は、先端分野で活躍する技術者に世界てきにみて、十分な報酬を支払っていません。2000年代初頭までは、終身雇用やウェットな人間関係で人材を引き付けておくことができましたが、徐々にその傾向は弱まり、転職が当たり前になっています。

特に令和の時代に入り、新型コロナ蔓延による在宅勤務、リモート会議などにより、企業内でこれまでコミュニケーションをとっていた生身の人間同士のインフォーマルな関係が薄れていいます。そのような環境下で、給与を上げずに優秀な人材を引き留めておくのは至難の業でしょう。さらに働きがいをどう感じてもらうかも企業の幹部は考えなければなりません、

M林檎

Last Updated on 2022年7月25日 by M林檎

1 thought on “【ビジネス】Microsoftでさえ人材流出が止められない、重くのしかかる理由

  1. 以前、月島の飲み屋で三井物産の社員グループと仲良くなったことがありますが。そこにいた数人の若手社員は、東芝、NECなど大手企業からの転職組でした。
    給料の安いメーカーから、高い商社へ転職したようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。