Windows 11、便利なタスクバーのオーバーフロー機能を搭載

Microsoftは、本日、開発者向けにWindows 11 Insider Previewビルド25163を公開しています。

その中で注目の新機能がタスクバーのオーバーフロー機能です。

このWindows 11搭載のタスクバーエクスペリエンスは、タスクバーのスペースが限られている場合に、より生産的な切り替えと起動のエクスペリエンスを提供するように慎重に作成されています。

アプリケーションを同時たくさん起動させて作業している際にタスクバーが最大容量に達すると、タスクバーは自動的にこの新しいオーバーフロー状態に移行します。

この状態では、タスクバーはオーバーフローメニューへのエントリポイントを提供し、オーバーフローしたすべてのアプリを1つのスペースで表示できるようにします。

オーバーフローメニューには、固定アプリ、ジャンプリスト、拡張UIのサポートなど、ユーザーが使い慣れている現在のタスクバーの動作の多くが含まれます。オーバーフローを呼び出した後、メニューの外側をクリックするか、アプリケーションに移動すると、メニューは静かに閉じます。

(via Microsoft

Last Updated on 2022年7月21日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。