Apple、欠陥のあるバタフライキーボードを搭載したMacBookを販売したとして、5000万ドルの賠償金を支払うことで和解

欠陥のあるバタフライキーボードを搭載したMacBookの顧客による集団訴訟を解決するためにAppleが支払うことに同意した金額は5,000万ドルです。

原告団は、AppleがMacBookのバタフライキーボードが故障しやすいことを「知っていて隠していた」と主張している。

ロイター通信によると、予備和解は昨日カリフォルニア州サンノゼの連邦裁判所で行われ、裁判官の承認が必要であるとのことです。
顧客は、MacBook、MacBook Air、およびMacBook Proのキーボードは、粘着性があり応答しないキーに悩まされており、ごく少量のほこりや破片が入力を困難にする可能性があると主張しました。

彼らはまた、カリフォルニア州クパチーノに本拠を置く会社が同じ問題を抱えた交換用キーボードを提供することが多かったため、Appleのサービスプログラムは不十分であるとも述べた。

同社は3世代にわたって障害のあるキーボードを修正しようとしましたが、すべて同じ問題が発生していました。この和解は、カリフォルニア、フロリダ、イリノイ、ミシガン、ニュージャージー、ニューヨーク、ワシントンの7つの米国の州で2015年から2019年の間にこれらのMacのいずれかを購入した顧客を対象としています。

ロイターによると、顧客の弁護士は、複数のキーボードを交換した人に395ドル、1つのキーボードを交換した人に125ドル、キーキャップを交換した人に50ドルの最大支払いを期待しています。また、購入後も4年間の無料キーボード修理の対象となります。

2021年になってようやく、同社は新しい14インチと16インチのMacBook Proで古いデザインに別れを告げました。独自のシリコンを備えたこれらのMacは、より優れたWebカメラ、ProMotionテクノロジーを備えたminiLEDディスプレイ、新しいポート、およびタッチバーの代わりにファンクションキーを提供します。

(via 9 to 5 Mac

Last Updated on 2022年7月20日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。