AppleシリコンMac用のLinuxディストリビューションは、新しいM2ですでに稼働中

Intel Macとは異なり、AppleシリコンMacはAppleのソフトウェアのみを実行するように設計されています。しかし、Asahi Linuxチームの開発者は、Appleのプロセッサやその他のMacハードウェアのサポートを入念にリバースエンジニアリングし、実際に起動してベアメタルで実行できる進行中のディストリビューションとしてリリースするために取り組んできました。

Asahi Linuxチームは本日、多くの追加と改善を加えた新しいリリースを発表しました。特に、このディストリビューションはM1 UltraとMac Studioをサポートし、M2 MacBook Pro(チームが直接テスト済み)とM2 MacBook Air( テストされていないが動作するはずです)の予備サポートを追加しました。 )。

すべてのAppleシリコンMacの予備的なBluetoothサポートも追加されましたが、チームは、「Wi-Fi / Bluetoothの共存がまだ適切に構成されていない」ため、2.4GHzWi-Fiネットワークに接続するとうまく機能しないと指摘しています。

StudioのUSB-Aポート、Type-C / ThunderboltポートのUSB-2.0よりも速い速度、GPUアクセラレーションなど、正しく機能していないものは他にもたくさんありますが、進歩は進んでいます。それらのすべての前線。特にGPUの作業が進んでおり、このリリースには含まれていませんが、「実際のグラフィックスアプリケーションとベンチマークを実行するのに十分な」「プロトタイプドライバー」がすでに稼働しています。

Asahiチームは過去に、Appleのチップ設計者は頻繁に物を再利用し、正当な理由がない限りハードウェアを大幅に変更しないため、新しいチップのサポートは比較的簡単に朝日に追加できると期待していると述べています。M2の基本的なサポートをAsahiに追加することは、1回の12時間の開発セッションの過程で行われ、残りのハードウェアをM1ベースの場合と同様に機能させるには、「数日」の追加作業が必要でした。

Asahiチームがより多くのハードウェアを動作させるようになると、このプロセスはより複雑になる可能性があります。新しいGPUのサポートは、キーボードとトラックパッドを動作させるよりもおそらく少し複雑になりますが、チームはM2チップファミリを公平にサポートできるようです。

一部のMacは、以前よりも更新が少なくなっています。これが問題になる理由です
Asahiチームが表明した目標は、準備が整ったときにすべての作業を上流に提供することであり、新しいLinuxカーネルバージョンはすでにAppleシリコンMacのサポートを実装しています。最終的には、UbuntuからChromeOS Flexまで、すべてを余分な労力なしでAppleシリコンMacで実行できるようになります。これは、Appleが新しいmacOSリリースで古いAppleシリコンMacのサポートを停止し たときに、何年も後に役立つ可能性があります。Open BSDのバージョンも、朝日チームの努力の助けを借りてAppleSiliconで稼働しています。

Asahiチームは過去に、Appleのチップ設計者は頻繁に物を再利用し、正当な理由がない限りハードウェアを大幅に変更しないため、新しいチップのサポートは比較的簡単に朝日に追加できると期待していると述べています。

(via Arts Technica)

Last Updated on 2022年7月19日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。