【サイエンス】癌治療の希望か?象は癌を治す鍵を握っているかもしれないと研究者は主張!

像は、腫瘍に変異する可能性のある細胞がはるかに多いにもかかわらず、それらは人間よりも5倍死ぬ可能性が低いという現実があります。

この巨大な哺乳類は、p53として知られている癌を破壊する遺伝子の40のコピーを持つことから癌に対抗しています。その遺伝子は、人間には2つしかありません。

遺伝子は特定の場合に機能を停止する可能性がありますが、オックスフォード大学とエジンバラ大学の専門家は、象の余分なDNAがこれをどのように阻止するかを明らかにしました。彼らは、p53の各セットがわずかに異なるため、ゾウで非活性化される可能性がはるかに低いことを発見しました。

「結局のところ、彼らの遺伝学と生理学はすべて、進化の歴史だけでなく、今日の生態学、食事、行動によって推進されています。」

調査結果はジャーナルMolecularBiologyand Evolutionに掲載されており、より良い癌予防への道を開くのに役立つ可能性があります。パリのフランス国立衛生医学研究所の研究員であるRobin Fåhraeus教授は、次のように述べています。

「ヒトでは、同じp53タンパク質が、細胞の増殖を停止するかアポトーシス[死]に移行するかを決定する役割を果たしますが、今のところp53がこの決定をどのように行うかを解明することは困難でしたが、人間の癌治療の鍵を握っているかもしれません。

(via The Sun

Last Updated on 2022年7月18日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。