Intel、CPUの価格を20%値上げを計画

日経アジアのレポートによると、Intelは今秋にプロセッサと周辺機器の価格を引き上げる計画についてクライアントに通知しました。直接の情報を持つ3人の業界幹部によると、チップ製造コストの上昇の根本的な原因は、電気、原材料、輸送、および労働のコストの急上昇であるとされています。

レポートによると、Intelは、クライアントPCおよびサーバー用のプロセッサー、Wi-Fiチップ、さまざまなコントローラーなど、実質的にすべての製品の価格を引き上げる予定です。値上げは、製品ごとに異なる可能性があります。一部の発注では、最小の1桁の増加から10%〜20%になります。

この秋にさらに高価になる可能性のある製品の中には、デスクトップおよびノー​​トブックPC用のフラッグシップCPU(ゲームに最適なCPUの1つ)とサーバー用があります。これらは、PCメーカー、サーバーサプライヤー、さらには数万台のプロセッサを購入するハイパースケールデータセンターなどに影響を与えます。

Intelは、クライアントPC、組み込みシステム、およびサーバー用のCPUの大部分を製造しています。さらに、同社はWi-Fi、イーサネット(クライアントシステムとデータセンターの両方)、FPGA、およびその他の多くの製品の大手サプライヤーです。Intelによる大幅な値上げは、世界中の何千もの顧客に幅広い製品を供給していることを考えると、必然的に業界全体に影響を及ぼします。

まだ見られていないのは、他の業界リーダーIntelに続いて同様の理由を挙げて価格を引き上げるかどうかです。AMD、Nvidia、Marvell、Realtek、Phison、Silicon Motionなどの企業は、同じまたは隣接する市場セグメントにサービスを提供しており、Intelと同じ問題を抱えています。したがって、Intelが見積もりを引き上げた場合、ライバルは価格を維持し、売り上げを増やし、Intelから市場シェアを獲得することを選択する可能性があります。

(via tom’s HARDWARE

 

Last Updated on 2022年7月15日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。