ChromeOS Flex、古いMacまたはPCがサクサク動作のChromebookに変わる

5か月前に早期アクセスプレビューを開始した後、ChromeOS Flexは安定しており(バージョン103)、広く使用できるようになっています。これは、2020年12月に買収したCloud Readyを2月にChromeOS Flexとして再起動するというGoogleの決定に続くものです。この「無料でダウンロードできるオペレーティングシステム」は、アップデートを受信しなくなった古いMacおよびWindowsコンピュータをChromebookに変換します 。

ChromeOS Flexを実行しているデバイスは、同じコードベース、タブ/アプリケーションレベルのサンドボックス、読み取り専用OS、バックグラウンドシステムの更新、リリースケイデンス、および数秒の起動時間を共有します。

その他の類似点には、Chromeブラウザ、ユーザーインターフェース、Androidとのデバイス間の統合、クラウド同期(設定とブックマーク用)、Googleアシスタントのほか、ファミリーリンク、Smart Lock、インスタントテザリング、近隣共有のサポートがあります。

ただし、Linuxは最新のハードウェアでサポートされていますが、ChromeOS FlexにはAndroidアプリとPlayストアがありません。

ChromeOS Flexは、ネットワーク経由(フリートに最適)またはUSBデバイス経由でインストールできます。これにより、直接起動して最初に試用できます。GoogleのOSは、WindowsおよびmacOSを実行しているIntelまたはAMD x86(ARMサポートなし)コンピューターで動作します。

現在、同社は400を超えるデバイスをFlexで動作するものとして認定しており、10年前までのデバイスに互換性があると見込んでいます。認定とは、オーディオ入力/出力、内部ディスプレイ、ネットワーク、USB、Webカメラ、およびその他のコアコンポーネントが機能することを意味します。

ChromeOS Flexのハードウェア要件は次のとおりです。

アーキテクチャ:IntelまたはAMD x86-64ビット互換デバイス
RAM:4 GB
内部ストレージ:16 GB
USBドライブから起動可能
BIOS:完全な管理者アクセス。問題が発生した場合は、Chrome OS Flex USBインストーラーから起動し、BIOSで調整を行う必要があります。
プロセッサとグラフィックス:2010年より前に作成されたコンポーネントは、エクスペリエンスが低下する可能性があります。

注:Intel GMA 500、600、3600、および3650グラフィックスハードウェアは、ChromeOS Flexのパフォーマンス基準を満たしていません。

→Google

(via 9 to 5 Mac

Last Updated on 2022年7月15日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。