Apple Carプロジェクトは問題を抱えた状況

Appleが実際に電気の自動運転車を発表するかどうかは、構想が依然として深刻な課題に直面していると主張する新しいレポートがあります。

コードネームがProject Titanであるアップルは、何年にもわたって自動車の製造に取り組んできたと報じられていますが、その間、同社は主要な人事異動、アプローチと最終目標の不確実性、プロジェクトを前進させるためのパートナーを見つけることに関する問題に苦しんでいます。

Apple内部空の情報によると、Appleのソフトウェアエンジニアリング担当上級副社長であり、CEOのティム・クックに次ぐハイテク巨人の最も著名な人物の1人であるCraig Federighiは、同社の自律型自動車構想に「懐疑的」であると報告されていますが、彼はプロジェクトに直接関与しているとは考えられていません。

この情報では、Appleのテスト車両(改造されたレクサスSUV)に電力を供給するソフトウェアが、すでにマッピングされている地面をカバーするときにどのようにうまく機能するかについても説明していますが、新しいエリアで運転するときは苦労する可能性があります。

今年の初め、厄介な事件が起こりました。それは車両が時速15マイルで自律走行していたときに発生しました。ジョギングランナーが通りに足を踏み入れた時、Appleの車は進み続け、進路をわずかに調整しただけでした。

伝えられるところによると、自律走行中に監視していた人間の運転手が衝突する前の最後の瞬間にブレーキを踏んだため、車両はランナーから数フィート以内で停止しました。この人間の介入がなければ、車はランアーに衝突しとAppleは、データを分析して判断したとのことです。

このような新しい技術をテストしている間、そのような事故が予想される可能性があり、安全ドライバーは潜在的に悲劇的な結果を防ぐために正確に正しいことをしました。それにもかかわらず、Appleはこの事件を非常に深刻なものと見なしたため、何が悪かったのかを調べるためにテスト車両を一時的に接地したと伝えられています。

レポートはまた、Project TitanチームがAppleのテスト車両の艦隊をモンタナに運び、自律走行自動車構想が順調に進み。車両開発がうまく進んでいることをクックCEOに示すために、州の山岳風景においてマッピングしている道路での開発車両の走行を撮影した洗練されたプロモーションビデオを撮影ました。しかし、Appleのシリコンバレー本社周辺の通りに戻ると、車は縁石にぶつかり、交差点を横断するときに停止線で停止することに苦労することがあったと伝えられています。そして、ランナーとのあわや接触という事件が起こりました。

いつものように、Appleは自動運転車に関する計画についてほとんど何も言っておらず、プロジェクトに関するほとんどの情報は、内部関係者やプロジェクトを去った人々からのリークによってもたらされています。

(via digitaltrends

Last Updated on 2022年7月12日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。