Apple、 macOS 13 Venturaの最初のパブリックベータを公開!一般ユザーも無料で利用可能

Appleは本日、macOS Venturaの最初のベータ版をパブリックベータテストプログラム登録者に公開し、開発者以外の人がリリース前に新しい「macOS Ventura」を体験んできるようにしました。

パブリックベータ番の利用は、 パブリックベータソフトウェアプログラムに登録後、サイトから適切なプロファイルをインストールした後、システム環境設定アプリのソフトウェアアップデートセクションからmacOS 13 Venturaアップデートをダウンロードできます。

‌macOS Ventura‌はStage Managerを導入しました。これは、他のアプリを待機させながらタスクに集中するための新しいマルチタスクオプションです。Stage Managerは、メインアプリを前面と中央に配置し、他のアプリを横に押し込んですばやくアクセスできるようにします。

Continuity Cameraを使用すると、iPhoneをMacのWebカメラとして使用でき、内蔵のMacカメラよりもはるかに優れたカメラ品質を提供します。AppleはMacで「iPhone」を保持するための特別なスタンドを構築しており、UltraWideレンズを使用するDeskViewのような優れた機能があります。

HandoffはFaceTimeで動作するようになったので、Macで通話に応答してから別のデバイスに転送でき、メッセージは元に戻し、編集し、未読機能としてマークされます。Share Playは、「FaceTime」に加えてメッセージでも機能するようになり、メールアプリが見直されました。
検索の関連性が高くなり、メールをスケジュールできます。また、メールが送信されてから最大10秒間元に戻すオプションもあります。

Appleは鉄器アプリと時計アプリをMacに導入し、システム環境設定を再設計してシステム設定に名前を変更し、共有タブグループのサポートを追加しました。iOS 16および「macOS Ventura」では、パスワードがより安全なパスキーに置き換えられており、Spotlight、Visual Lookup、LiveTextなどが更新されています。

(via MacRumors

Last Updated on 2022年7月12日 by Editor

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。