x86とArmのライバル、RISC-Vアーキテクチャは100億コアを出荷!脅威となるか?

Calista Redmond氏は、Embedded Worldで、現在市場に100億のRISC-Vコアがあることを発表しました。RISC-Vアーキテクチャは100億コアを出荷しており、将来的にはx86およびArmアーキテクチャよりも際立つ可能性があると報告されています

「リスクファイブ」と発音されるRISC-Vは、無料で使用できるオープンソースライセンスの下で提供されるオープンスタンダードの命令セットアーキテクチャ(ISA)です。

命令の基本セットには、32ビットの固定長の自然に整列された命令があり、ISAは可変長の拡張を承認します。つまり、各命令は16ビット区画内の任意の数字の長さにすることができます。命令セットには32ビットと64ビットのアドレス空間フレーバーがあり、幅広い用途向けに作成されています。

さまざまなサブセットが、小型の組み込みシステムからPC、ベクトルプロセッサを搭載したスーパーコンピューター、倉庫規模のラックマウント型並列コンピューターまで、あらゆるものをバックアップします。

しかし、100億への道は迅速な仕事ではありませんでした。2008年にマイルストーンを達成するためにArmアーキテクチャは17年間の試行錯誤が必要だったと報告されています。一方、RISC-Vは100億を完了するのに12年しかかかりませんでした。Redmond氏は、RISC-Vプロセッサコアの数が2025年までに800億に達すると予測しています。

NVIDIAの買収計画によるArmの中立性への影響を懸念していたArmの顧客は、RISC-Vを新鮮な目で見るようになった。RISC-Vが掲げる、“オープンソース化の推進と、拡張可能性およびカスタマイゼーション化の可能性の維持”に対し、どれくらいの顧客企業が引き付けられたのかは不明だ。また、このような顧客企業が、独立した株式公開企業のArmに戻ってきてくれるのか、それとも完全に消え去ってしまうのか、という点について言及するには時期尚早です。

そのNVIDIAは2022年2月、RISC-Vの競争相手であるArmの買収計画から撤退することを発表した。これについては予想外のことではなかった。NVIDIAが660億米ドルでArmを買収するとしたこの計画は、複数の管轄区域の規制当局によって却下されました。RISC-Vは既にArmにとって脅威となっているが、NVIDIAのArm買収が失敗に終わったことで、RISC-Vの脅威はさらに高まっていきはずです。

RISC-V推進派は、Armの将来に対する不安とともに、ArmがNVIDIA傘下になることに対する懸念を利用しようとしたのだろうが、そうした利点は、ほとんど消えてしまった。今のところ、Armはパブリックカンパニーとして独立を保つはずです。

しかし、株式公開されたArmは、RISC-Vを立派な競争相手としてしりぞけるだけの力を持つのだろうか。Arm自身は、その両論を唱えている。最終的には、チップレットのようなヘテロジニアスなパッケージング技術の採用も手伝って、共存に近い形になるのかもしれません。

(via wccftechITmedia

Last Updated on 2022年7月10日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。