M2チップを搭載したMacBook Airの最初のベンチマーク結果(Geekbench)

新しいMacBookAirの初期のベンチマーク結果が明らかになり、ノートブックでのM2チップのパフォーマンスを詳しく見ることができます。

Twitterで「 Mr.Macintosh」によって発見されたGeekbench 5でのベントマーク結果では、M2チップと16GBの統合メモリを搭載したMacBook Airは、シングルコアスコア1,899とマルチコアスコア8,965を達成しました。

これらのスコアは、M2チップを搭載した13インチMacBook Proで達成されたスコアとほぼ同じであり、M1モデルの場合と同様にGeekbenchテストでのパフォーマンスが実質的に同じであることを確認しています。M2チップはGeekbenchテストのMacBook AirとMacBook Proで同等に機能しますが、MacBook ProにはMacBook Airとは異なり、ファンがあるため、MacBook Proは、持続的で要求の厳しい作業に適しています。

この結果は、M2 MacBookAirが8コアのIntelXeonWプロセッサを搭載したベースモデルのMac Proタワーよりも、 5,000ドル近く安いにもかかわらず優れていることも確認しています。

これはAppleシリコンは、256GBSSDを搭載したベースモデルのM2MacBookAirにNANDストレージチップが1つだけ搭載されているかどうかは不明です。

先月、ベースモデルのM2 MacBook Proは、2つの128GBチップではなく1つの256GBストレージチップを搭載しているため、同等のM1モデルと比較してSSD速度が大幅に遅いことが発見されました。仮想メモリのスワッピングが原因で、SSDの速度が遅いと、システム全体のパフォーマンスに影響を与える場合があります。

(via MacRumors

Last Updated on 2022年7月10日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。