【宇宙サイエンス】ISS(国際宇宙ステーション)はゴミ処理の新しい方法をテストし成功!

NASAは、将来のスペースデブリの削減に役立つ可能性のあるISSに搭載された新しい形態の廃棄物処理をテストしています。このシステムはナノラックス(Nanoracks)によって設計され、国際宇宙ステーションに搭載されたビショップエアロックを利用しています。ナノラックスは最近、NASAのジョンソン宇宙センターと共同でそれをテストしました。

ナノラックスは、NASAのジョンソン宇宙センターと共同でシステムを設計しました。テストに基づくと、ISSに搭載された廃棄物除去の現在のモデルよりも効率的で持続可能です。現在は、ISSに搭乗している宇宙飛行士は、ゴミを集めてシグナス(Cygnus)の貨物車が到着するのを待つ必要があります。

シグナスが到着し、車両を降ろすと、ゴミを詰めます。その後、小型宇宙船はISSから解放され、地球の大気圏に再突入する際に燃え尽きます。現在のISS廃棄物処理モデルは機能しますが、ステーションに数か月のゴミが蓄積する可能性があります。

新しいISS廃棄物処理システムを使用すると、宇宙飛行士はゴミを集めて、ナノラックスが開発したハイテクゴミ袋がいっぱいになるまでビショップエアロックに保管できます。バッグには最大約600ポンドのゴミを入れることができます。満杯になると、ステーションはバッグを大気中に放出して燃え尽きます。

これは興味深いシステムであり、長期的には商業的な低軌道運用をより効率的にするのに役立つ可能性があります。バッグが拡張されて投棄されると、エアロックに新しいバッグを取り付け直します。これにより、宇宙飛行士はゴミを保管し、ミッションの合間にCygnus貨物ビークルが到着するまで何ヶ月も待たずにゴミを捨てることができます。

ナノラックスのビショップエアロックログラムマネージャーであるCooper Read氏は、ISSでの廃棄物処理は長年の課題であると述べています。ISSに搭乗している宇宙飛行士は、年間最大2,500 kgのゴミを発生させる可能性があります。さらにより多くの人々がLEOステーションに住むようになるにつれて、その量は増加します。

そのため、新しいISS廃棄物処理システムをテストすることは、あらゆる問題を解決するために不可欠です。完成すると、より効率的な方法で宇宙飛行士はよりクリーンで効率的なステーションに住むことができます。

(via BGR

Last Updated on 2022年7月9日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。