EU(欧州委員会)、iPhoneでApp Store以外のアプリストアを使用可能にする法案を承認

EUは、Appleのビジネス方法に根本的な変化をもたらしています。新しい規則は、Appleが自分たちの利益を促進することができなくなり、他の企業とのデータ共有を強制することを意味します。
また、AppleがiPhoneで他のアプリストアをホストすることを余儀なくされる可能性もあります。
EUは本日、iPhoneなどのデバイスの使用方法を完全に変える可能性のある主要な新しい法律を採用したことを発表しました。

欧州委員会は、2020年12月に欧州議会によって提案されたデジタルサービス法およびデジタル市場法の欧州議会による採択を歓迎します。

Digital Services Packageは、私たち全員が日常生活で依存しているオンラインプラットフォームの最初の包括的なルールブックを設定します。これらの新しい規則はEU全体に適用され、基本的権利を尊重して、より安全でよりオープンなデジタル空間を作成します。

EUの競争責任者は、新しい法律はオンラインでのユーザーの権利を保護し、「公正で開かれたオンライン市場を生み出す」と述べた。Appleのような企業には大きな変化がもたらされる可能性があり、「自分たちの利益を促進することを控え、他の企業とデータを共有し、より多くのアプリストアを可能にする」必要があります。後者はAppleにとって大きな問題であり、同社が今年初めに勝ち取ったEpic GamesとのAppStore訴訟の重要な問題でした。

現在、両方の法律は欧州連合理事会によって採択されなければならず、今年後半に発効する予定です。すでに述べたように、iPhoneやそのApp Storeなどのデバイス、およびiOS16などのプラットフォームでのアプリやアプリ内購入などのやり取りや支払い方法に大きな変化をもたらす可能性があります。

(via iMore

Last Updated on 2022年7月6日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。