iPhone 14のサプライチェーン、大幅な価格上昇を警告!日本国内では手が届かない価格設定になるかも?

iPhoneのサプライヤーは、大幅な値上げについて警告しています。AppleのiPhoneとiPadチップをすべて製造しているTSMCのあるサプライヤーは、価格を2倍にしなければならなかったと述べています。

AppleのiPhoneチップサプライヤーに材料を供給する会社は、実施しなければならなかった大幅な値上げと、将来の値上げの可能性について警告しています。この警告は、日本の化学サプライヤーである昭和電工株式会社からのものであり、価格をさらに引き上げることが予想されている」と述べています。

最高財務責任者の染宮秀樹氏はインタビューでBloombergニュースに語ったところによると、少なくとも2023年まで状況が大幅に改善する可能性は低いと述べました。染宮氏は、「顧客に転嫁するコストを大幅に引き上げざるを得なかった」と述べ、顧客に「2倍の金額」を求めていると述べました。

Bloombergは、サプライヤーが「価格をさらに引き上げ、不採算の製品ラインを削減することを予想している」と報告しています。すでに述べたように、昭和電工はTSMCのサプライヤーの1つであり、TSMCは、iPhone 12やiPhone 13から次期iPhone 14まで、Appleの最高のiPhoneに電力を供給するすべてのチップを製造しています。

これらの価格変更の結果として、Appleのような企業も最終的には、デバイスの供給とコンポーネントのコストが増加し、顧客に価格転嫁される可能性があります。

これが一部の市場に影響を及ぼしていることはすでに見てきました。先週、Appleは、円高の圧力に対処するために、日本の一部のiPhone 13およびiPadモデルの価格を突然20%以上引き上げました。

サプライヤーの値上げが進んでおり、改善の兆しが見られないため、これらのコストがiPhoneの顧客に打撃を与えるという非常に現実的な危険性があるようです。価格の顧客転嫁は、iPhoneのアップグレードが必要であると感じている既存ユーザーの買い替えに影響を与える可能性があります。

(via iMore

Last Updated on 2022年7月5日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。