中国でのMacの販売が増えるにつれ、中国政府は国独自のOS普及を目指している

中国でのMacの販売は近年増加しており、Apple Siliconモデルの人気が加速しています。しかし、中国政府は、AppleとMicrosoftなどの米国技術への依存を減らす計画を持っています:それは独自のオペレーティングシステムを作成し、広めることです。

世界の他の国と同様に、中国のパソコンはWindowsとMacにほぼ分かれています。Appleは近年着実に市場シェアを拡大​​しており、現在市場の約15%を占めていますが、Windowsは残りの85%を占めており、Linuxのようなライバルのオペレーティングシステムは本質的に単なる統計的にはエロに等しい数値です。

中国政府は何年もの間、この米国の技術への依存に不満を持っており、人民解放軍の防衛技術大学に自国製のオペレーティングシステムの開発を任せていました。これは2001年にKylinの形で達成されましたが、軍や政府のコンピュータシステムに使用されてきましたが、実際には広く使用されていません。

サウスチャイナモーニングポストは、オープンソースバージョンのopen Kylinを作成することにより、国がKylinを主流に使用するためのより協調的な取り組みを行っていると報告しています。Kylinの最初のバージョンはFree BSDに基づいていましたが、現在のバージョンはLinuxベースです。中国は、Microsoft WindowsやAppleのmacOSなどの外国システムへの依存を払拭するための最新の取り組みとして、自社開発のデスクトップオペレーティングシステムの開発を加速するためのオープンプラットフォームを作成しました。

国営のChina Electronics Corpの子会社であるKylin Softは先週、国立産業情報セキュリティ開発研究センターを含む10以上の中国企業と協力して、オープンソースコードコミュニティを設立しました。「open Kylin」という名前で、プログラマーはKylinオペレーティングシステムに関連するコンピューターコードを公開および共有できます。

この努力は、米国と中国の間の緊張が高まる中です。後者は、半導体からソフトウェアに至るまでの主要技術の現地生産を促進しようとしています。

(via 9 to 5 Mac

Last Updated on 2022年7月2日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。