ブラジルが、EUと同様にiPhoneにUSB-Cの採用を強制することを検討

Tecnoblogによる報告によると、ブラジルの消費者当局機関として機能するAnatelは、国内のすべてのスマートフォンにUSB-Cの採用を要求する新しい帰省を発表しました。Anatelは、米国やEUでの提案と同様に、完全にワイヤレスで充電するデバイスは、USB-Cを採用する必要はないと述べています。

Anatelは、USB-Cに移行することで「消費者の利便性が向上」し、世界的な電子廃棄物を削減できると述べています。

Appleは、iPhoneをLightningからUSB-Cに移行するよう世界中の政府や機関からの圧力の高まりに直面しています。圧力を受けて、情報筋は、同社がUSB-Cポートを備えたiPhoneをテストしていることを確認しました。

報告によると、USB-CiPhoneは少なくとも2023年までiPhone15でデビューしないとのことです。AppleがiPhone用にUSB-Cに移行するという噂は長い間ありましたが、ヨーロッパの法律により必要性は勢いを増しています。

今回のブラジルで提案された規制が承認された場合、2024年7月1日から発効します。

(via MacRumors

Last Updated on 2022年6月29日 by Editor

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。