iPhone 14 Proのディスプレイは常時オンが可能、2022年後半に発売が予定されているM2 iPad Pro

iPhone 14 Proは、iOS 16の新しいロック画面ウィジェットを強調表示する常時表示の恩恵を受けます。Appleの製品アップデートに関するレポートは提案していますが、iPad Proの変更にはM2搭載モデルが含まれる可能性があります。

Appleは以前、 iPhone 14モデルのProラインナップに常時オンのディスプレイを含めると噂されており、 iOS 16ベータに含まれるコードは、この機能に関する主張を裏付けているようです。どうやら何年も開発が進んでいるようですが、ロック画面の変更が導入されたため、変更が必要であるとの報告があります。

iPhone 14 Proは、iPhone 14シリーズと同じロック画面ウィジェットを表示できるようになると、日曜日にPowe-onニュースレターにBloombergのマーク・ガーマン氏が報じています。これらの機能は、画面が低輝度とフレームレートのままで表示されますが、設定により、機密データがそのディスプレイに表示されなくなります。

ディスプレイだけでなく、ガーマン氏は、Proモデルへの変更には、更新された前面カメラ、背面カメラシステム用の48メガピクセルセンサー、より薄いベゼル、A16チップへのアップグレード、およびピルへの更新が含まれると書いています。通常のノッチの代わりに 形をしたカットアウトとホールパンチ。

Pro以外のiPhone14モデルには、A15チップをもう1年保持するなど、より控えめな変更が加えられるようです。ただし、5.4インチのミニモデルは6.7インチのバージョンに置き換えられます。USB-Cへの移行は2023年に宣伝されていますが、すべてのモデルは引き続き物​​理接続にLightningを使用します。

iPadに移行すると、ガーマン氏は、A14および5G接続を備えた新しいローエンドモデルが秋に登場し、そのUSB-C接続を備えていると考えています。

iPad Proのラインナップは、2022年後半に更新され、AppleのStage Managerで動作するM2チップを搭載した11インチと12.9インチのモデルが登場するようです。コードネームJ617およびJ620の追加により、新しいマルチタスクシステムをサポートするモデルの範囲が、リリース時に3つから5つに拡張されます。

(via AppleInsider

Last Updated on 2022年6月27日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。