iPhone、川の中に10ヶ月間沈み、使用可能状態を維持!

BBCのレポートによると、オーウェン・デイビス氏は、昨年8月にグロスターシャー(イングランド)のシンダーフォードにあるワイ川にiPhoneを落としました。信じられないことに、10か月後、ミゲル・パチェコという名前の男性が家族とカヌーをしているときにiPhoneを見つけました。

パチェコ氏はためらって電話を乾かし、プラグを差し込むと、実際に電源が入り、充電を開始しました。

パチェコ氏は娘とカヌーをしているときに「水に浮かんでいる青い何か」を見つけました。グロスターシャー州ドライブルックのパチェコ氏が電話を見つけた後、彼はそれを乾かしてから、一晩中、戸棚に置いた。

ありがたいことに、スクリーンセーバーは持ち主本人自身の写真だったので、パチェコはソーシャルメディアで写真を共有し、最終的に元の所有者の友人が知ることになりました。デイビス氏は、パチェコ氏がそれを自分に返すためにそのような努力をしたことに驚きました。

iPhoneはかなり高レベルの耐水がありますが、川の底で10か月間生き残ることができるとは驚きです。

(via iMore

Last Updated on 2022年6月24日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。