メルセデスベンツが、将来、AppleのCarPlayを採用しないことも!?

メルセデスベンツのCEO、オラ・ケレニウスは、発表されたWWDCプレゼンテーションに含まれていたにもかかわらず、次世代のApple CarPlayが登場する可能性に冷水を注ぎました。

KälleniusはDecoderに登場し、自動車業界の将来について話し合いました。そこで話し合いは、最終的にWWDC2022で発表されたAppleの新たに発表されたCarPlayに向けられました。メルセデスベンツが意図したとおりにAppleに「電話を差し込んで車のユーザーインターフェース全体を引き継ぐ」ことを許可するかどうか尋ねられたとき、ケレニウスは次のように答えた。

『メルセデスの顧客は、全体的なメルセデスベンツの世界へのアクセスを期待していると思います。それは物理的な製品だけではありません。それはまた、デジタルインターフェースについてです。あなたはあなたのメルセデスミーIDを持っています、そしてそれであなたはあなたの居間のソファから車のエアコンまたは暖房をつけることができます。車のセンサーを使用して車が安全かどうかを確認するアーバンガードのようなものもあります。将来、私道が安全かどうかを確認することもできます。自動運転などには、非常に多くの側面、非常に多くのドメインがあります。』

彼は続けて、『CarPlayはすでにその車で利用可能でしたが、「車のすべての機能」をカバーすることはないだろうと考え、「その車で全体的で一貫性のある体験が必要な場合は、メルセデスのエコシステムのホストが必要です』

当然のことながら、メルセデスがWWDCの画面にそのロゴが出ていました。ケレニウスは、同時にAppleと「非常に良い関係を持っていると述べました。

これはメルセデスからの非常に奇妙な承認です。

しかし、メルセデスベンツは、自社のカー体験を重視しているため、CarPlayにどの程度力点を置くかは不透明です。

(via iMore

Last Updated on 2022年6月22日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。