NASAの将来の月面ミッションについてリーク、それは遅れる模様

NASAはここ数年、アルテミス月面ミッションの初期段階について公に議論してきました。これらの最初の3つのミッションは、今後4〜5年間にわたって実施され、月に人間の派遣を確立するためのステップです。

アルテミス1号のミッションは、NASAのスペースローンチシステムロケットをテストし、オリオン宇宙船を月周回軌道に打ち上げることで、今年後半に打ち上げられる予定です。2番目のミッションであるアルテミス2号は、多かれ少なかれリピートであり、オリオンに4人の人間が搭乗しているだけです。次に、大きなテストであるアルテミス3号が登場します。これは、この10年の半ばに、2人の人間を月に送り返します。

Ars Technicaは、MASAからアルテミスのミッションスケジュールとマニフェストを示す内部計画文書を2034会計年度まで入手しました。

現在、NASAにはアルテミスのベースライン計画があります。これを以下に示します。しかし、NASAは少なくとも2つの「ガイド内」スケジュールオプションも開発しました。これは、政府機関の計画担当者が予想される予算で達成可能であると信じている、と文書は示しています。これらの改訂されたスケジュールは、NASAの計画担当者が、ベースライン計画が予定どおりまたは予算内で達成可能であるとは考えていないことを示しています。

「ケイデンス」というラベルの付いた内部スケジュールの1つは、定期的な起動を優先します。もう1つは、「コンテンツ」というラベルが付いており、最も意味のあるペイロードの準備ができたときにのみ起動を優先します。合わせて、NASAが野心的な探査計画を有限の予算に詰め込むのに苦労していることを明らかにしました。その結果、予算不足の月面プログラムが作成され、その大部分は米国の国家宇宙政策の目標を達成できません。

NASAの広報担当者、キャサリンハンブルトン氏は、内部スケジュールに関する質問に応えて、「NASA​​は、アルテミスIII以降のアルテミスミッションのベースライン計画を推進しています。この機関は、プログラム計画の慎重な部分として代替アーキテクチャを定期的に評価しています」と述べています。

NASAは、アルテミスの「ベースライン」計画に固執していると言うことができますが、この概念的なタイムラインはほぼ確実に達成できません。すでに、エージェンシーは、月に対応した宇宙服の不足を含む多くの要因のために、2025年以降にアルテミスIIIミッションを延期することを検討しています。さらに、改訂されたスケジュールの準備は、NASAが避けられない遅延への対応ができていることを強く示唆しています。

NASAは、3年間のギャップを埋めるために、「アルテミス3.5」ミッションの作成を検討しています。このミッションでは、機関が4番目の暫定上段ロケットを調達し、他の主要プログラムの開発を遅らせる必要があります。

ミッションの進行が遅いため、月面での「ベースキャンプ」の開発は何年も延期され、月面の生息地の最も早い定置は2034年まで行われませんでした。
NASAは、月面に機能を構築するのではなく、月周回軌道に小さな宇宙ステーションを組み立てることに焦点を当てて、今後10年間を費やします。

月面ミッションの問題は単に資金調達です。アルテミス計画により、NASAは限られた予算に多くの大規模な新しいハードウェアを適合させようとしています。議会は、これらすべての新しいプログラムへの資金提供に過度に熱心ではありませんでした。機関はまた、月ゲートウェイ軌道ステーションのコア要素を打ち上げた後、2020年代後半まで追加のモジュールを打ち上げる準備ができていないことを懸念している可能性があります。

以下の図がアルテミス計画です。

(via Arts Tecnica

 

Last Updated on 2022年6月21日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。