Kuo氏:AirTagの出荷は発売以来増え続けているため、第2世代の発売を予測

アナリストのMing-ChiKuoがまた別の予測を報告しています。今回は、AppleのアイテムトラッカーであるAirTagについてです。彼によると、同社は1年前の発売以来、製品に関する情報をあまり取り上げていませんが、出荷は徐々に増えており、最終的には第2世代のアイテムトラッカーにつながる可能性があります。

Kuo氏がTwitterの投稿で共有しているように、AirTagの出荷予測は2021年と2022年にそれぞれ約2,000万ユニットと3,500万ユニットに達します。

あまり注目されていないAirTagは、発売以来徐々に出荷が伸びています。AirTagの出荷予測は、2021年と2022年にそれぞれ約2,000万ユニットと3,500万ユニットに達します。AirTagの出荷が増え続けるなら、Appleは第2世代を開発すると私は信じています。

アイテムトラッカーは、元の所有者から遠く離れている場合に音を速くしたり、所有していないAirTagを持っている可能性のある人に通知したりするようになりました。

第2世代の場合、アナリストのMing-Chi Kuo氏は、Appleが何を準備できるかを特定していません。個人的には、1年以上経過しているにもかかわらず、私の4つのAirTagsバッテリーはすべて問題ありません。新しいモデルの場合、Appleはストーカー防止機能、スピーカーの音量を上げ、デザインを微調整して、アクセサリを追加せずに個人の所有物に追加できるようにすることができると考えられます。

(via 9 to 5 Mac)

Last Updated on 2022年6月20日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。