Apple、iOS14.5でののアプリ追跡の透明性について開発者に注意を喚起

Appleは、iOS 14.5、iPadOS 14.5、tvOS14.5のリリースからApp Tracking Transparencyルールが適用されることを開発者サイトで開発者に注意喚起しました。

これらのアップデートがリリースされると、開発者は、広告ターゲティングの目的でアプリやWebサイト全体のユーザーを追跡するために、デバイス上のIDFAまたは広告識別子にアクセスするための明示的な許可を取得する必要があります。

今後の公開リリースでは、すべてのアプリがApp Tracking Transparencyフレームワークを使用して、アプリを追跡したり、デバイスの広告IDにアクセスしたりするためのユーザーの許可を要求する必要があります。

ユーザーの一意の表現を導き出す目的でデバイスと使用状況のデータを収集したり、フィンガープリントを作成したりすることは、引き続きApple Developer Programの使用許諾契約に違反します。

App Tracking Transparencyのすべてのフレームワークはすでに導入されており、一部の開発者はすでにユーザーにIDFAアクセス許可を求め始めていますが、iOS 14.5とその姉妹アップデートがリリースされると、IDFAを使用するすべてのアプリの要件になります。

(via MacRumors

Last Updated on 2021年4月6日 by M林檎

コメントを残す