Macお宝鑑定団が、Alibaba Sourcesで入手した、iPhone 2021 6.1インチモデルとされる3Dプリントモックの画像を公開しています。

センサーハウジングのアクティブエリアのサイズに関して、高さは5.30mmから5.35mmになり、幅は34.83mmから26.80mmに小さくなるようです。

iPhone 13シリーズのスピーカー/マイクの位置は、Xperia PRO、Xperia 5 IIなどのように筐体側に寄せられています。

スピーカー/マイクの左側に配置されていた赤外線カメラ、投光イルミネーターが、iPhone 12 Proのスピーカー/マイクがあった場所辺りに移動するようです。

フロントカメラは、これまでのスピーカー/マイクの右側に配置されていたのが左側に変更されるようです。
背面カメラ回りの位置やサイズなどはiPhone 12 Proと変わらないようです。

疑惑のモックアップですので、これが最終形になるとは限りません。

Last Updated on 2021年4月6日 by M林檎

コメントを残す