AppleのエグゼクティブDan Riccio、AR / VRヘッドセットの開発を担当

BloombergのMark Gurmanによると、先月、AppleはハードウェアエンジニアリングチーフのDan Riccioが「新しいプロジェクト」に焦点を当てた新しい役割に移行すると発表し、焦点領域はAR / VRヘッドセットになると主張しました。

Riccioの動きは、同社の元マーケティング責任者であるPhil Schillerが昨年採用したアプローチと似ています。両方の幹部は上級職を辞めましたが、特別な監視が必要な分野に留まりました。Schillerの場合、それはApp Storeと広報であり、Riccioの場合、それはARとVRのヘッドセットです。この戦略は、主要な長年の幹部を会社に留めておくのに役立ちます。

Appleの最初のヘッドセット、いくつかのAR機能を備えたハイエンドVRに焦点を合わせたデバイスでの作業は、開発の課題に直面しており、Apple内の人々は、Riccioの特別な役割が役立つと信じています。彼はプロジェクトを最終的に監督していますが、2つのデバイスで1,000人をはるかに超えるエンジニアが働いていなす。

Appleは、早ければ来年にリリースされる複合現実ヘッドセットや、後のある時点で登場するより洗練されたARメガネなど、複数のAR / VRウェアラブルに取り組んでいると広く噂されています。先週、The Informationは、最初のヘッドセットの価格は3,000ドルで、12台以上のカメラ、2台の超高解像度8Kディスプレイ、高度な視線追跡技術、交換可能なヘッドバンドなどを搭載すると主張しました。

(via MacRumors

Last Updated on 2021年2月9日 by M林檎

コメントを残す