Intelの怪しいMI Macとのベンチマーク比較

Tom’s Hardwareの記事によると、Intelは次のように主張しています。

第11世代の「TigerLake」プロセッサとAppleプロセッサの両方でネイティブに実行されているMicrosoft Office 365の比較において、(Apple M1と比較して)第11世代システムは、PDFエクスポートなどの一部の機能を最大2.3倍高速に実行します。

また、最も人気のあるWebブラウザ(Chrome)を比較し、IntelプロセッサとAppleプロセッサの両方でネイティブバージョンを実行します。Intelの第11世代システムは、オンライン写真エンハンスメントサブテスト(vs Apple M1)で全体で30%以上高速で、一部では約3倍高速です。

さらにバッテリー寿命においては、Intelはパフォーマンステストに使用したCore i7-1185G7ではなく、Intel Corei7-1165G7ノートブックであるAcer Swift5に切り替えました。MacBook Airとの比較で、Netflixのストリームを実行し、MacBook Airが6分短かったとのことです。

このように比較するデバイスがテストごとに異なっていて、Intelによる比較は、まったく自社に都合のよいデータを使用していますす。それだけApple Siliconを脅威に感じているようです。

(via 9 to 5 Mac

Last Updated on 2021年2月7日 by M林檎

コメントを残す