Apple、watchOS 7.3 RCを開発者に公開!日本国内でも心電図機能が利用可能に

Appleが、最終Beta版となるwatchOS 7.3 RCを開発者に公開しました。

公式リリースノートによると、watchOS 7.3は、パンアフリカンの旗の色に触発された新しいウォッチフェイスを追加します。Appleによれば、新しい時計の文字盤は「動くと1日を通して変化し、自分だけの文字盤を作成する」という形をしています。

watchOS 7.3 RCのもう1つの変更点は、このアップデートにより、日本、マヨット、フィリピン、タイなど、より多くの国でECG機能が有効になることです。ECGアプリを使用すると、ユーザーは心電図を取得して心臓の電気パルスを測定できます。これらの国では、Apple Watchユーザーが不整脈の通知を利用できるようになりました。

リリースノート:

watchOS 7.3には、次のような新機能、改善、バグ修正が含まれています。

  • パンアフリカンフラッグの色にインスパイアされたユニティウォッチフェイス。移動すると形状が1日を通して変化し、独自のフェイスを作成します。
  • Apple Fitness +サブスクライバーのために歩く時間??あなたが歩くときにゲストが感動的な物語を共有するワークアウトアプリのオーディオ体験
  • 日本、マヨット、フィリピン、タイのApple Watch Series4以降のECGアプリ
  • 日本、マヨット、フィリピン、台湾、タイでの不整脈の通知
  • ズームが有効になっているときにコントロールセンターと通知センターが応答しない可能性がある問題の修正

(via 9 to 5 Mac

Last Updated on 2021年1月22日 by M林檎