Apple、需要を満たすために一部の生産をiPhone 12 miniからiPhone 12 Proにシフト

Morgan Stanleyの投資ノートによると、Appleは、iPhone 12 miniの生産を200万台削減し、iPhone 12Proの製造能力を増強したと報じられています。

Appleは、より人気のあるiPhone 12 Proの継続的なリードタイムと戦うために、2021年の第1四半期に切り替えを行ったと考えられています。

このレポートは、iPhone 12 min」の売り上げが伸び悩んでおり、発売期間中のiPhone 12‌の売り上げ全体のわずか6%であるという以前の分析を裏付けています。

中国では、iPhone 12が20.3%の市場シェアを獲得したと考えられており、これは18か月ぶりの高値です。また、このデバイスは、発売後最初の1か月まで、過去4年間に中国で発売されたiPhoneの中で最大のインストールベースを達成したと言われています。

(via MacRumors

Last Updated on 2021年1月21日 by M林檎