macOS Big Sur 11.2 Beta 2、Apple純正アプリがサードパーティのファイアウォールをバイパスするフィルターを削除

一部の開発者は、2020年11月、macOS Big Surの変更によりAppleアプリはどのような状況でもファイアウォールフィルターをバイパスできるようになりました。

これはセキュリティとプライバシーの侵害につながる可能性があるため、Appleはこの例外のリストをmacOS Big Sur11.2から削除しました。

Big Surの公開日にAppleのサーバーが停止したため、一部のmacOSアプリが機能しなくなった後、開発者はシステムがこれらのサーバーと通信するのをブロックしようとしましたが、Appleが公式アプリにフルアクセスを強制していることがわかりました。ファイアウォールが構成されている場合でもネットワークを通過しました。

ハッカーがこれらの「除外されたアイテム」を悪用してファイアウォールをバイパスするマルウェアを作成する可能性があることが明らかになりましたが、本日公開されたmacOS Big Sur 11.2 Beta 2で、この懸念は払拭されました。

(via 9 to 5 Mac

Last Updated on 2021年1月14日 by M林檎