Microsoft、Outlook for Macを新しいWebベースのユニバーサルクライアントに置き換える計画

Windows Centralによると、MicrosoftはOutlook for Macを新しいWebベースのユニバーサルOutlookクライアントに置き換えることを計画しています。

Outlook for Macの完全な再設計を発表してから数か月後、Microsoftは現在のMacアプリを廃止し、Outlook WebAppに基づく新しいクライアントに置き換える予定であると報告されています。

コードネーム「Project Monarch」は、Windows、Mac、およびWeb全体で単一のOutlookクライアントを構築しようとするMicrosoftの試みです。新しいクライアントは、Windows 10のデフォルトのメールアプリとカレンダーアプリも置き換え、MicrosoftのOutlookアプリ全体を統合します。

この変更により、Microsoftはすべてのデバイスのアプリに同じコードベースを使用できるようになり、開発の合理化に役立ちます。ユーザーにとって、新しい単一のクライアントはサイズが小さく、すべてのデバイスで同じユーザーエクスペリエンスを提供します。

伝えられるところによると、Microsoftは2021年の終わりに向けて新しいOutlookクライアントのプレビューを開始し、2022年にWindows 10のメールアプリとカレンダーアプリを置き換える予定です。Outlook for Macは、おそらくこの期間のある時点で廃止される予定です。

(via MacRumors

Last Updated on 2021年1月6日 by M林檎