Apple、中国のAppStoreから39,000タイトルのゲームを削除

ロイターによると、Appleは昨日、中国のApp Storeから39,000近くのアプリを削除しました。これらのアプリは、地元の規制当局からの公式ライセンスを受けていないためです。

調査会社Qimaiからのデータを引用しているレポートによると、削除されたゲームには、UbisoftのタイトルであるAssassin’s CreedIdentityとNBA2K20が含まれていました。Qimaiによると、China AppStoreの上位1,500の有料ゲームのうち74タイトルが生き延びました。

レポートによると、39,000のゲームに加えて、Appleは合計46,000を超えるアプリをストアから削除しました。

伝えられるところによると、Appleは7月に、アプリが規制要件を満たしていない場合、アプリの削除について開発者に警告しました。公式ライセンスが不足しているアプリの削除は、2016年以降に施行されている地域の規制に準拠するようAppleに政府からの圧力が高まっているためと言われています。

(via MacRumors

Last Updated on 2021年1月1日 by M林檎