Apple Car、予定より2年早く来年デビューする??

台湾の経済日報によると、台湾サプライヤーの匿名幹部からの情報として、Appleの長い間噂されている電気自動車は、予定より少なくとも2年早く開発が進んでおり、2021年の第3四半期に発売される予定だと述べています。

報告書は、台湾のメーカーが来年の第2四半期には早くも「Apple Car」コンポーネントの生産を増やす準備をしていると主張し、Appleはカリフォルニアの道路で数十台のプロトタイプ車を密かにテストしていると付け加えた。

Appleは、 2017年にカリフォルニアのDMVから自動運転車のテスト許可を取得し、その年にLiDAR機器を装備したLexus SUVを使用しているところが発見されました。

アナリストのMing-ChiKuoを含め、多くの情報筋がApple Carは、2023年から2025年の間に発売されると主張していることもあり、今回の2021年9月の発売を目標としているとの報道は、それを2年以上前倒しにしたものになっています。

先日のDigiTimesのレポートはで、Appleが自動車用電子機器サプライヤーと「予備的」交渉中であると主張し、その車両プロジェクトはまだかなり初期の段階にあることを示唆しています。レポートは、Appleのチップ製造パートナーであるTSMCが「自動運転チップ」でAppleと協力していると報じられていることを付け加えています。

何年にもわたり、Appleが本格的な車両を開発しているのか、それとも一般的な車両の人工知能や自動運転技術に取り組んでいるのかについての報告が飛び交っています。

(via MacRumors

Last Updated on 2020年12月21日 by M林檎