iPhone13は通常のスケジュールで発売予定、今年のような遅延はない!

新型コロナウィルスのパンデミックにより、iPhone 12のラインナップは通常より遅れて発売されましたが、アナリストのMing-Chi Kuoは、令和2年12月12日(土)、新しいA15チップを搭載したいわゆるiPhone13モデルの大量生産がAppleの通常のタイムッスケジュールに戻ると予測しました。

通常、Appleは初夏にiPhoneの量産を開始しますが、iPhone 12モデルの量産は9月まで開始されなかったため、Appleは通常のiPhoneイベントを2011年以来初めて9月から10月へと延期しました。 iPhone12およびiPhone12 Proモデルは10月23日に発売され、続いてiPhone 12miniおよびiPhone12 ProMaxが11月13日に発売されました。

Kuoはまた、AppleサプライヤーのTSMCのA14チップの稼働率が2021年の第1四半期に100%から80%に低下するという懸念を退け、これは主に季節性の要因によるものであると指摘しました。

アナリストは、iPhoneの需要は引き続き堅調であり、特にiPhone 12 Proモデルでは、カメラ関連のコンポーネント不足に直面していると述べました。

(via MacRumors

Last Updated on 2020年12月13日 by M林檎