仮想化ソフトウェアを使用してAppleのM1チップ上でWindows 10を実行!Surface Pro Xのベンチマークを上回る

あるAWSエンジニアは、仮想化ソフトウェアを使用してAppleのM1チップ上でWindows 10を実行し、Surface Pro XでのWindows 10の実行速度を上回りました。

現在、Microsoftは正式にサポートしていませんが、開発者はAppleシリコンベースのMacでARMバージョンのWindowsを仮想化することに成功しました。The 8-Bitが報告したように、Alexandar GrafはTwitterに、QEMUバーチャライザーを使用してこの偉業を達成できたと投稿しました。

Twitterでハンドル@imbushuoを使用している開発者が、M1コンピューター上のArm上のWindows10とMicrosoft製のSurface Pro Xを比較するGeekbenchバージョン4および5のスコアを投稿しました。

M1上のWindowsのシングルコアスコアは1,288、マルチコアスコアは5,685でしたが、Surface Pro Xのスコアはそれぞれのベンチマークで約800と3,000でした。Surface Pro Xベンチマークは、Microsoftの最新のSurface Pro Xコンピューター用にQualcommとMicrosoftが共同開発したSQ2 ARMベースのチップを使用して作成されました。

レポートが指摘しているように、これらの結果はおそらく決定的なものではありませんが、初期の兆候としては、Appleの新しいM1チップがMicrosoftよりもARM上でWindowsを実行できることを示しています。

(via iMore

Last Updated on 2020年12月2日 by M林檎