Macデスクトップ通知の定番だったGrowlが役割を終えて引退

かつてMacデスクトップエクスペリエンスの重要な部分であったGrowlは、リリースから17年後に引退となりました。プロジェクトリーダーを務めたクリストファーフォーサイスは、金曜日のブログ投稿で公開中止を発表しました。

2004年に発売されたGrowlは、Appleが独自の通知センターを導入する前にMac上のアプリケーションに通知を提供していました(Windowsにも提供されていました)。通知センターは、2012年のMountain LionアップデートでmacOS(当時はMac OS Xのスタイル)に追加されましたが、1年前にiOSで最初にデビューしていました。

Forsytheの発表の抜粋は次のとおりです。

Growlは、私がオープンソースのキャリアの中で最も長い期間取り組んだプロジェクトです。しかし、2012年のWWDCでは、チームの全員が壁に書かれた文字を見ました。これは私の唯一のWWDCでした。これは通知センターが発表されたWWDCです。皮肉なことに、Growlは、名前がオタクすぎると思ったため、Growlに名前を変更する前は、Global Notifications Centerと呼ばれていました。

Last Updated on 2020年12月1日 by M林檎