Apple、TikTokで「iPhone 12 mini」をPRするためにインフルエンサーを活用!

Appleは現在、以前は休止していたTikTokアカウントを使用し、プラットフォーム上で人気のあるインフルエンサーを募集してiPhone 12 miniをPRしています。

新しいマーケティングキャンペーンは、Appleが4月に最初に確認済みのアカウントを確立してから約7か月後に始まりました。これまで、TikTokアカウントは未使用のままでした。

AppleはTikTokのインフルエンサーであるJessica Wang、Kevin B Parry、Zach King、JulianBassをフィーチャーした4つのビデオクリップを公開しました。

各クリップには、ジャケットやカップケーキなど、さまざまなアイテムをよりコンパクトなサイズに縮小するインフルエンサーが含まれています。

それらはすべて、iPhone12がiPhone 12 miniに縮小されて終了します。TikTokの動画は、提案されたトレンドの新しいハッシュタグを使用して、視聴者に「ミニにする」ことも求めています。このキャンペーンは、プラットフォーム上でのAppleの知名度を高めたようです。これは、Appleが執筆時点で約378,000人のフォロワーと350,000千人のいいねを持っているためです。

TikTokは、今年初めにプラットフォームを禁止しようとしたトランプ内閣からの精査の対象となっています。

(via AppleInsider

Last Updated on 2020年11月26日 by M林檎