Appleの「A16」は、TSMCの4nmチップを採用!?

AppleのA14システムオンチップは、デビューしたばかりですが、市場アナリストはすでに次世代シリコンについて予測を行っています。TrendForceは水曜日のレポートで、iPhoneメーカーが約2年以内に小型の4nmプロセスに移行することを予測していると述べました。

Appleの製造パートナーであるTSMCを対象としたレポートの中で、TrendForceは、Appleが現在、チップメーカーの5nmファウンドリの唯一の顧客であると述べています。

調査会社は、TSMCが4nmテクノロジーを使用した「A16」SoCのオーダーに対応することを期待しています。タイミングはAppleのデザイントレンドと一致しています。

TSMCの10nmFinFETプロセスを使用して製造されたA10X以降、Aシリーズチップは隔年で微細化されています。現在のA14バイオニックとM1シリコンは5nmアーキテクチャを最初に使用したチップであり、次の微細化は2022年に「A16」で行われることを示唆しています。

Qualcommはそれに続き、将来のSnapdragonチップにTSMCの4nmプロセスを採用すると、TrendForceは予測しています。

ダイの縮小により、効率とパフォーマンスが向上し、高度なタスクを実行できるより複雑な設計への扉が開かれます。Appleが指摘しているように、新しいM1チップは5nmプロセスを活用して、160億個のトランジスタを詰め込みます。

(via AppleInsider

Last Updated on 2020年11月19日 by M林檎