Appleは、多数のサーバー問題でiOS 14.3、watchOS 7.2、tvOS14.3の開発者向けアップデートを削除

Appleは、本日、iOS 14.3、iPad 14.3、watchOS 7.2、tvOS 14.3の最初のベータ版を配布した直後に、AppleはDeveloper Centerからすべてのアップデートを削除し、ダウンロードできなくなりました。

Appleのサーバーで発生している多数の問題が原因で、新しいソフトウェアリリースが誤って配布中止または削除されたかどうかは明らかではありません。現在、ユーザーはmacOS Big Surをダウンロードできず、インストールを試行すると、「選択したアップデートのインストール中にエラーが発生しました」というメッセージが表示されます。

Macアプリ用のAppleの公証サーバーも問題が発生しているようで、iMessageとマップの停止が進行中です。ApplePayとAppleCardも影響を受けましたが、Appleのシステムステータスページには、これらの問題は修正されたと書かれています。

(via MacRumors

Last Updated on 2020年11月13日 by M林檎