iPhone 12 Pro Maxは、高性能だが、万人向きのスマートフォンではない!

6.7インチのディスプレイを備えたiPhone12 Pro Maxは、これまでで最大のiPhoneで、6.5インチのiPhone 11 Pro Maxを上回っています。6.1インチのiPhone 12 Proがに比べても、より大きなディスプレイ、大きなカメラセンサー、長いバッテリー寿命など、高いスペックを誇っています。

[価格とサイズ比較]

iPhone 12 Pro 106,800円 (税別)〜
146.7 mm×71.5 mm×7.4 mm 重量: 187 g
iPhone 12 Pro Max 117,800円 (税別)〜
160.8 mm×78.1 mm×7.4 mm 重量: 226 g

ただし、大きなディスプレイは、iPad miniのディスプレイに近い大きさがありますが、Apple Pencilを使用してノートブックサイズのデバイスでメモをとることができないのは不思議です。

カメラ性能は、iPhone 12の中で最も大きなセンサーを搭載しているため、秀逸です。
特に暗い場面、ナイトモードが動作する場面では、そのセンサーの大きさがものを言い、ほかの追従を許しません。
例えば、12 Proが3秒間露出する状況では、12 Pro Maxは1秒の露出しか必要ありませんでした。

iPhone 12 Pro Maxは、大きなボディの割に、フラットなサイド面のため、非常に持ちやすくなっています。
また、バッテリーの持続時間もiPhone 12 Proのビデオ再生最大17時間に比べるとiPhone 12 Pro Maxは、20時間とタフネスです

結論として、iPhone 12 Pro Maxが向いている人は、
美しい大きなディスプレイで、動画を見たり、ゲームを行いたい人。
高性能なスマートフォンカメラを求めている人。

その他の人は、6.1インチのiPhone 12 ProやiPhone 12で十分だと思います。

Last Updated on 2020年11月10日 by M林檎