Bloomberg:Appleは2021年に第3世代AirPodsと第2世代AirPods Pro、第3世代HomePodを発売!?

Bloombergによると、Appleの計画に詳しい人たちによると、Appleは、第3世代のエントリーレベルの「AirPods」と第2世代の「AirPods Pro」イヤフォンの2つの新しいモデルに取り組んでいるとのことです。

Appleは来年の前半に新しいローエンドの「AirPods」の発売について話し合っており、電力を供給するための新しいワイヤレスチップも計画しています。Appleは2016年にオリジナルの「AirPods」を17,800円(税別)で発売し、2019年3月にワイヤレス充電ケースでアップデートしました。「AirPods Pro」は2020年10月に発売され、27,800円(税別)でした。

新しいAirPodsモデルについては、報告書は新しいエントリー・レベルのAirPodsが短いステムと交換可能なイヤーチップと、AirPods Proに似たフォームファクタのデザインを継承しますが、ノイズキャンセルングはサポートされていません。ただし、Appleはエントリーレベルの「AirPods」のバッテリー寿命を改善しようとしています。

「AirPods Pro」の第2世代については、Appleはイヤフォンをよりコンパクトにすることを目指しており、これにより、SamsungのGalaxy Budsや、AmazonやGoogleの同様のライバルデザインにより類似したものになります。

Appleはまた、初代「HomePod」と最近発表された「HomePod mini」の間に位置するHomePodの新しいモデルを検討していると報告されています。

「‌‌AirPods Studio‌」‌は、アクティブノイズキャンセレーションと、高品質の素材で作られたプレミアムモデルと通気性と軽量性で作られたスポーツ指向モデルの両方を含むレトロなスタイルのデザインを備えていると予想されます。

レポートが示唆しているように、「‌‌AirPods Studio」‌‌は、Apple Watchバンドのように、カスタマイズ可能な外観に交換できる磁気イヤーカップを備えている可能性があります。また、ヘッドホンを装着しているときに右側または左側がないように、耳の検出などの追加機能がある可能性があります。

(via MacRumors

Last Updated on 2020年10月26日 by M林檎