iPhone 12のセラミックシールドカバーガラスで大幅に強度が向上!

新しいセラミックシールドカバーガラスを搭載したiPhone 12とiPhone 12 Proでは、前面ディスプレイガラスの耐久性と耐傷性を向上させています。

Appleによれば、セラミックシールド技術にはガラスマトリックス内で成長したナノセラミック結晶が含まれており、これにより靭性が劇的に向上します。同社によれば、新しいデザインに加えて、セラミックシールドにより、新しいiPhone12およびiPhone12 Proモデルは、過去の携帯電話よりも4倍優れた落下時耐久性を実現できます。

YouTubeチャンネルMobileReviewsEhは、力量計とモース硬度キットの両方を使用して、これらの耐久性をテストしました。

iPhone 12のディスプレイガラスを鍵、コイン、岩、ボックスカッターなどのオブジェクトで引っ掻こうとしました。最終的に、デバイスのガラスは無傷で出てきました。

モース硬度テストでは、iPhone12は6ポイントテストに耐えました。7ポイントはデバイスに若干のかすかな傷を残しましたが、8ポイントは重大な傷を残しました。比較のために、iPhone11は6ポイントで傷がつき始めました。

興味深いことに、新しいセラミックシールドはiPhone 12の前面ガラスにのみ適用されるようです。これは、iPhone11の画面と同じくらい簡単に背面ガラスを傷つけることができたためです。願わくは、iPhone 13ではリアガラスにも使用してほしいものです。

(via AppleInsider

 

Last Updated on 2020年10月24日 by M林檎