総務省、携帯電話値下げのため「eSIM」普及推進へ!

NHKの報道によると(2020年10月21日付)、携帯電話料金の値下げに向けて、武田総務大臣は。事業者間の競争を促すための政策を取りまとめる方針を明らかにしていますが、この中で「eSIM」の推進を盛り込む方針を固めたのとのことです。

「eSIM」は、物理的なSIMカードと違って、ソフトウェアによるSIMのため、キャリアの乗り換えが容易になり、利用者の利便性が向上します。

乗換が進むことにより、より競争を促し、高止まりしている通信料金を値下げさせることが目的です。

Last Updated on 2020年10月21日 by M林檎