iPad上でのホーム画面ウィジェットのコンセプト動画

iOS 14(iPhone)のホーム画面ウィジェットは非常に人気があります。ホーム画面ウィジェットは、iPadOS 14でも利用できますが、大きな制限が1つあります。iPadでは、ウィジェットはTodayビューのサイドバーにのみ追加できますが、

iOS 14ウィジェットは、ホーム画面に直接追加して、複数のページのアプリと組み合わせることができますが、iPadOS 14の場合はそうではありません。iPadでは、新しいウィジェットは、表示されるTodayビューにのみ追加できます。それは最初のホームページ画面の左側になります。

Matt Birchlerの新しいコンセプトは、iPadでの「適切なウィジェットサポート」がどのように見えるかを想像しています。このシナリオでは、ウィジェットをiPadのホーム画面に直接追加し、ウィジェットを従来のアプリアイコンと組み合わせることができます。

おもしろいことに、iPadのサイズ(種類)、モード、向きに応じて、アイコンが38、46、58、62、64、68、76、88、96、102、118、または137ポイントの感覚で離れています。アイコングリッドは何らかの方法で固定されており、変更できないようになっていますが、コンセプト動画では、その概念を取り払うとで、iPadのホーム画面ウィジェットがどのように機能するかを見ることができます。

(via 9 to 5 Mac

Last Updated on 2020年10月2日 by M林檎