Apple、中国のAppStoreからRSSフィードリーダーアプリを削除

Appleは、中国のApp Storeから2つのRSSフィードリーダーのアプリ削除していいます。それは、Fiery FeedsとReederで、中国国内では、どちらのアプリも違法と見なされたため、Appleが、削除しました。

Appleによると削除の理由は、「AppStore」のレビューガイドラインに準拠していない、中国では違法とされるコンテンツが含まれているためだとのことです。

Appleが追フィードリーダーをブロックするのを今まで待っていた理由は明らかではありませんが、これらのアプリを削除したという事実は、RSSリーダーが中国のグレートファイアウォールを回避し、ブロックリストにあるサードパーティのWebサイトからコンテンツをプルする可能性があることを示唆しています。

Appleは、中国との関係や北京の要求に応じる傾向について、投資家や人権活動家からの圧力が高まっています。たとえば、昨年、Appleは、中国の‌‌‌App Store‌‌‌からニュースアウトレットQuartzのアプリを削除しました。これは、国内で違法なコンテンツが含まれているという政府からの苦情を受けたためです。このアプリは、当時の香港傘運動の抗議行動をカバーしていました。

Appleはまた、行政の規制により、中国の‌‌‌App Store‌‌‌から多くのVPNアプリを削除することを余儀なくされています。過去に影響を受けた他のアプリには、WhatsApp、Facebook、Snapchat、Twitter、およびNew YorkTimesアプリが含まれます。

(via MacRumors

Last Updated on 2020年10月1日 by M林檎