Apple、macOS Big Sur Beta 7を開発者に公開!

Appleが、macOS Big Sur Beta 7を開発者に公開しています。

Appleは、macOS Big Sur Beta でデザインを一新しました。iOSのデザインを多く取り入れています。

macOS Big Sur Betaの機能の概要は以下の通りです。

通知センターは、複数のサイズで利用できるiOSスタイルのウィジェットで再設計されています。さらにアプリごとにグループ化されたよりインタラクティブな通知があります。
Safariはより高速でバッテリー効率が高く、さらに、壁紙とカスタマイズした新しいスタートページがあり、リーディングリストやiCloudタブを含むセクションがあります。

タブが再設計され、組み込みの言語翻訳機能があり、ChromeとFirefoxの拡張機能をSafariに移植でき、YouTubeは4Kビデオの再生をサポートしています。
拡張機能がどのサイトと連携してプライバシーを強化するかを選択するオプションもあります。プライバシーでは、新しいプライバシーレポート機能により、ユーザーはWebサイトにアクセスしたときにSafariがブロックしているトラッカーを知ることができます。

メッセージは、iOSのメッセージアプリにより似ています。さらに、組み込みの検索機能が見直され、アプリ内のリンク、写真、会話を簡単に見つけることができます。 。

Appleはマップアプリを再設計して、信頼できる情報源によって作成された注目のアトラクション、レストランなどのリストである見回し、屋内マップ、ガイドのサポートを追加しました。
マップを使用して、iPhoneに送信できるサイクリングルートや電気自動車のルートを生成することもできます。また、共有ETAの更新をMacで表示できるようになりました。

写真アプリには、より優れたレタッチツールが含まれ、Apple MusicのFor YouセクションはListen Nowセクションに置き換えられました。
HomeKitセキュアビデオカメラは顔認識とアクティビティゾーンをサポートし、Siriは以前より幅広い質問に答えることができます。

(via MacRumors

Last Updated on 2020年9月18日 by M林檎